アイビーグループ
このサイトでは、男子バレーを応援する会の活動についてお知らせしています。
男子バレーを応援する会

オープン戦2戦目、対日大、1年生4名が奮闘しフルセットとなるも敗戦。

2021.04.18 更新
4月18日、オープン戦2戦目を、1年生4名を先発させて臨み、
フルセットの大接戦となりましたが、敗れました。

青山学院大学 vs 日本大学
セットカウント 2-3 敗戦

1セット目 19-25
山本(S)・間瀬(WS)・渡邉(MB)・今野(OP)・幹(WS)・時久(MB)
L 中峯
16-19 渡邉→山田
19-22 時久→小田島

2セット目 25-19
山本(S)・間瀬(WS)・渡邉(MB)・今野(OP)・幹(WS)・時久(MB)
L 中峯
21-18 時久→小田島

3セット目 25-22
山本(S)・間瀬(WS)・渡邉(MB)・今野(OP)・幹(WS)・時久(MB)
L 中峯
16-12 渡邉→山田
20-16 時久→小田島

4セット目 25-18
山本(S)・間瀬(WS)・渡邉(MB)・今野(OP)・小田島(WS)・時久(MB)
L 中峯
15-18 渡邉→山田
15-21 間瀬→小田島

5セット目 11-15
山本(S)・間瀬(WS)・渡邉(MB)・今野(OP)・小田島(WS)・時久(MB)
L 中峯
4-9 間瀬→小田島
  中峯→長田
9-12 渡邉→山田

【戦評】
<1セット目>
・今野のスパイクが決まり1セット目が始まった。序盤はお互いにミスが目立ち本来のバレーが出来ないでいた。青学は間瀬や今野のスパイクが決まる一方で、コンビが合わずサーブカットも返らずに一進一退の攻防が続いた。終始相手のミスに助けられた第一セットであったが、19-22で小田島ピンチサーバーとして入り奮闘したものの三連続得点されこのセットを落とした。

<2セット目>
・相手のミスによって始まったこのセットはそこから今野のスパイクでに連続得点し、渡邉のブロック攻撃も華麗に決まり青学に流れが来た。セットを通してブロック得点が多く8-7で今野がスパイクで得点してから5連続得点を収めた。16-16で同点に追いつかれ不安な場面も垣間見えたがそこから3連続で青山幹がスパイクを決め2セット目をダッシュすることができた。

<3セット目>
・2セット目を取れたことの安心感からか、自チームのミスが目立つ3セット目であった。9-9で時久がサービスエース、10-10で今野がスパイクを決め青学の流れになりそこから5連続で得点し、相手と4点差をつけることができた。相手のミスにも助けられギリギリのところで3セット目を取ることができた。

<4セット目>
・相手のサーブやスパイクに苦しめられた4セット目。序盤は1点ずつお互いに取り合うようなシーソーゲームであったが、10-13の相手のスパイク得点から流れが日本大学に向いてしまい3,4,5,6点差と次第に差を広げられた。こちらの攻撃のパターンも読まれ、ブロックにシャットされてしまうことも多く、こちらが相手を攻略することができないまま4セット目を落とし、5セット目に突入した。

<5セット目>
・序盤から相手に得点差をつけられた青学は4-9でリベロを中峯から長田に、間瀬から小田島に交代し悪い流れを切ろうと試みたものの時すでに遅し。徐々に少しずつ得点したものの、相手の素早く鋭いスパイクに対応できず、最後もワンタッチで終了した。
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園