支部
このサイトでは、鹿児島県支部の活動についてお知らせしています。
鹿児島県支部

2018.7.21(土) 鹿児島県支部総会・懇親会のご報告

2018.07.22 更新
 鹿児島県支部総会が2018年7月21日(土)、鹿児島東急REIホテル(鹿児島市中央町)で開催されました。今回は青山学院大学と校友会本部から来賓2名をお迎えし、新入会の方々を含む約40名が参加しました。その他、箱根駅伝で母校・青山学院大学の応援を続ける竹下国昭氏(神奈川県在住・鹿児島市古里町出身)が応援にかけつけてくださり、特別企画として鹿児島市立西郷南州顕彰館・徳永和喜館長にご講話をいただきました。
参加者全員で記念撮影

鹿児島県支部・野田譲二支部長より挨拶

 総会では折田昌也監事の司会のもと、恒例の前野恭子校友生による礼拝と賛美歌を一同合唱。野田支部長の挨拶のあと、平成29年度の収支報告、役員改選について議事が進み、いずれも原案の通り承認されました。
 続いて来賓の挨拶では、青山学院大学常務理事の薦田(こもだ)博氏より、「青山学院は今年11月に創立143年を迎える。現在鹿児島県から57名が通学中である。青山学院がこれからも輝かしくあるためには何をしたらいいのか。30万人を超える校友生の力で青学を変えよう。いろんな形の貢献ができるはずである」と“一人ひとりの力の大切さ(Be the Difference)”のスローガンをもとに熱いお言葉をいただきました。
青山学院大学常務理事・薦田(こもだ)博 氏

 また、青山学院校友会副会長の宮直仁氏からは「校友会親睦のため『青学商店街』を新しく企画した。スマホで校友生の活躍を見ることができる。現在全国20件掲載中であり、その内の9件が鹿児島県である。広告料は無料なのでぜひ利用して親睦を深めて欲しい」と案内がありました。
青山学院校友会副会長・宮直仁 氏

 今回の特別企画として、校友生でもいらっしゃる鹿児島市立西郷南州顕彰館・徳永和喜館長より、「西郷南州翁の魅了と思想」をテーマにご講話をいただきました。徳永館長は青山学院大学院文学研究会修士課程などで学んでいらっしゃいます。「敬天愛人」の本当の意味とは―。「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己を尽くして人を咎めず、我が誠足らざるを尋ぬべし(天に対して自分自身の誠意を尽くし、気に入らないこと、意に添わないことがあっても決して人を咎めることなく、自分自身の誠が本当に足りているのか天に尋ねなさい)」。大切な問いを与えてくれる言葉だと感じさせられました。
校友生でもある鹿児島市立西郷南州顕彰館・徳永和喜館長
 
 懇親会では、新入会となった3人の紹介があり、近況報告や青学時代の思い出話で盛り上がりました。最後に、竹下国昭氏より「フレー!フレー!あ・お・や・ま」の声援が会場中に響き渡り、和やかな雰囲気の中、閉会となりました。

 来年の総会も今回同様、会場は鹿児島東急REIホテル(鹿児島市中央町)で2019年7月13日(土)を開催予定としております。皆様とまたお会いできますことを楽しみにしております。これからも毎年の活動を通して親睦を深めて参りたいと思っております。初めての方もぜひご参加をお待ちしております。
(記・吉元)

PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園