支部
このサイトでは、鹿児島県支部の活動についてお知らせしています。
鹿児島県支部

2017.2.4(土)「第3回九州ブロック会議」(熊本市)参加報告

2017.02.06 更新
 
(「第3回九州ブロック会議」の出席者全員で記念撮影)

 2017年2月4日(土)、「第3回九州支部ブロック会議」が熊本市のアークヒルズ熊本城前で開催されました。九州地区各支部から支部長、事務局長、幹事長、広報担当らの15名7支部(長崎県支部、大分支部は欠席)が参加し、熊本県支部の米野真理子支部長を議長として議題が進められました。
 始めに、鹿児島県支部の野田譲二支部長より開会の挨拶。校友会のホームページを通じて、各支部ごとに情報発信していくことの大切さを強調されました。
(野田譲二鹿児島県支部長より開会の挨拶)

 続いて佐賀県支部の七田義孝支部長より幹事会報告、各支部より校友会の現状についての報告がありました。鹿児島県支部の児玉邦宏事務局長からは、「名簿収集と会員増員に苦慮している。葉書で案内を送っても宛先不明で戻ってくる。食事会も最近回数が少なくなっているため、各支部の活動を参考にさせていただいて活性化を図っていきたい。青学陸上部の新チームキャプテン吉永竜聖くんが、鹿児島城西高校出身。ぜひ応援していきたい」と情報収集の難しさと交友生への思いが語られました。
(校友会の現状を児玉邦宏事務局長より報告)

 各支部からは、「冬のクリスマスパーティーに加え、夏は納涼会を開催するようになり会員が増えてきた。しかし葉書で案内を送っても半分しか返信がない。若い人の参加が少ないといった現状がある」(福岡支部)、「ゴルフコンペや花見会、食事会などを開催し増員を図っている。有意義な時間を過ごすことで参加しようという意識がめばえてくる。もっと増員が図れるはず」(熊本県支部)、「3月の総会から校友会を再出発する。口コミで校友生の輪を広げていきたい」(沖縄県支部)と現状報告がありました。
 各支部共に、増員施策については様々な検討を重ねており、全支部の情報共有の重要性、若手会員への周知方法などが検討課題にあげられました。
 親睦会では、眼前に雄々しく佇む熊本城に勇気をもらい、各支部のご担当の方々との再会に乾杯! 有意義な意見交換と温かな親睦のひとときを過ごすことができました。
(鹿児島県支部からは、野田譲二支部長、児玉邦宏事務局長、広報担当幹事として吉元直美が参加しました)

 次回の九州ブロック会議は、野田支部長が会長を務める指宿フェニックスホテル(鹿児島県指宿市十二町4320)での開催が全会一致で決まりました。日程が決まり次第お知らせいたします。(記・吉元)
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園