支部
このサイトでは、奈良県支部の活動についてお知らせしています。
奈良県支部

京都支部との合同散策会 in 鷹峯のご報告

2017.05.22 更新

光悦寺にて

 さる5月14日(日)、京都支部のみなさんと合同で京都市の北部、鷹峯で史跡を歩く会(散策会)を開催しました。当日は好天に恵まれ、京都支部、奈良県支部合わせて26名が参加しました。朝10時すぎに「北大路駅」に集合し、市バスで鷹峯に移動。「源光庵」と「光悦寺」を拝観しました。
 源光庵では、役僧から寺のあらましや特徴について説明を聞きました。とくに興味深ったのは、本堂の天井に「血の天井」と呼ばれる伏見桃山城の遺構が使用されていることで、足跡などが見ることができます。説明の後には、源光庵のシンボルである「悟りの窓」、「迷いの窓」の前で記念撮影を行いました。
 光悦寺は、源光庵に隣接した鷹峯の大きな見どころの一つ。まずは大阪樟蔭女子大学の佐久間先生から光悦寺の礎を作った本阿弥光悦について解説していただきました。本阿弥光悦は、徳川家康よりこの地を与えられ、彼の一族や工匠等と供に移り住み芸術郷を築いたことから始まります。境内には鷹峯三山(鷹ヶ峰・鷲ヶ峰・天ヶ峰)が見える絶景スポットや茶室、庭園があり、ゆっくり散策することができました。
 鷹峯の散策後は、車で鴨川沿いの木屋町に移動し、お待ちかねの川床ランチです。鴨川の日本料理店では気候の良い5月と9月限定でランチがいただけます。京都らしい細いエントランスを進むと料理店の入口に入り、そのまま川床のお座敷に着座。お座敷は鴨川の川縁が一望できる最高のロケーションです。晴天で気温が高いながらも川風に吹かれ、好きな飲み物と料理で楽しいひとときとなりました。
 食事の後、奈良からの校友のため京都支部、渡里支部長ら役員の方が近辺の観光地を案内してくださいました。戦国時代の大きなターニングポイントとなった本能寺から、外国人観光客でにぎわう錦市場まで回りました。
 今回、全ての企画を京都支部のみなさんに立てていただき、改めて京都の素晴らしさを堪能することができました。渡里支部長をはじめ役員の方々に感謝しますとともに、次回は是非、奈良へ京都支部のみなさんをお招きしたいと思います。


源光庵の本堂(バックは「悟りの窓」、「迷いの窓」)


鷹峯三山を望む


鴨川の川床「めん坊木屋町店」にて


本能寺にて
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園