支部
このサイトでは、中央支部の活動についてお知らせしています。
中央支部

英語研究会07月例会報告

2017.07.28 更新
July 22, 2017
総研ビル 8F  第10会議室

◎講読クラス  (The End Of The Affair p.129〜p.136)
Sarah の火葬が行われる葬儀場での場面が繰り広げられます。小説の登場人物が全て姿を現します。Sarahの夫Henry, 彼の同僚であり、中には愛人でもあった人々とその妻たち、無信仰者のSmythe, 探偵のParkis, 葬儀時間に遅れたMaurice と連れの若い女性Sylvia, そしてSarahの母Mrs.Bertramの登場です。
死んだ人間を悲しむ事よりも生きた人間の姿が活写されています。始まりは終わりであり、終わりは始まりという世の常が描かれています。

夫がSarahの愛人だったその妻たちにはMauriceの痛烈な見解が述べられています。
If we could have embalmed her, they would never have been safe. Even her dead body would have provided a standard to judge them by. (彼女がミイラにでもされたら、彼女たちは心安らぐ事は決して無いだろう。彼女の死んだ身体でさえ、彼女らに美の基準を提供するだろうから。) いかにSarahが a great beauty (introduction xiv 参照)であったかの証明です。
いつものごとく、GreeneのMrs.Bertramに対する皮肉たっぷりの描写があり、Sarahの
実母の事実は悲愴とも言えるもので、自身の結婚のことも含めて、Sarah の苦労、悲しみ、痛ましさがひしひしと伝わって来ます。

いみじくも今までの小説の内容はSarah の実母の言葉の伏線ではなかったかと思えます。
"Why,if she'd been brought up in the right way, if I hadn't always married such mean men, she could have been a saint I truly believe.”

REFERENCES 
incongruously    不釣合いに
bygone      過去
implore      嘆願する
swerve      (ハンドルを)急にきる
awkward     厄介な
hit it off  =to have a good friendly relationship with sb
sacrament (Catholic) 秘跡 サクラメント<洗礼、堅信、聖体、告解、終油、叙階、婚姻 の7つがある。>
          (Protestant) 聖礼典  <洗礼、聖餐の2つがある。>

◎Oral Class  
Free Discussion
“What do you know!”=What a surprise!
Who knows?  = Nobody knows.
can’t put up with A (the heat , the humidity) =can’t stand,( endure, tolerate)
Give me a break. 勘弁してよ
TEXT  (Way More Americans May Be Atheists Than We Thought)
REFERENCES
tapestry = a carpet ( intricate with many colors ) on the wall つつ”れ織り
fringe = not a main stream ふさ飾り、  主流ではない、周辺
put up = show
banner  垂れ幕
stigma = shame
closet (v) = be kept secret,  conceal     反意語 reveal, disclose, come out of the closet
a skeleton in the closet = an embarrassing secret in the past
be raised = be brought up, grow up
poll (n) 世論調査 poll (v)= vote 関連語  a voting booth , ballot 投票用紙
ポーランド関連語 =Poland , Pole, Polish
divulge = disclose, reveal
pollster 世論調査員
reticence = to be reticent, hesitation to do something

調査では、だんだん信仰の多様性を認める米国人が増えているとしても、無信仰者は例外である。彼らに対してはかなりの程度の不寛容さを表明し、国民の半分以上が信条を祝う掲示を禁止、また三分の一以上が大統領になる事を禁止、公立学校の教師になるとか、集会の権利とかは否定されるべきだと考えている。このような状況の中では、無信仰者であることの表明はリスクが高い。それ故、彼らは口を閉ざし、その数は不透明のままだ。

ANNOUNCEMENT
RYO IMAIZUMI先生の後任のJONATHAN HAMMOND 先生のご紹介がありました。
まだ先の話ですが、寂しい限りです。

次回の予定
9月9日 (土) 総研ビル 14603教室
文責  畠 貴子
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園