アイビーグループ
このサイトでは、青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会の活動についてお知らせしています。
青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会

会則

2018.05.24 更新
青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会 会則

〔名称〕
第1条
本会は、『青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会』と称する。英文名称は『Aoyama Gakuin University Lacrosse club Alumni(略称:AGULAX-A)』と称する。

〔目的〕
第2条
本会は、会員間の交流、現役生との親睦・現役チームの強化と支援、体育会OB連合会との連携等を主な目的として、次のことを行う。
1)会員名簿の管理
2)OB(OG)総会の開催、総会のフォロー
3)体育会OB連合会イベント等への出席
4)その他、本会の目的を達成するために必要と認める事項

〔会員〕
第3条
本会は、青山学院大学(並びに青山学院短期大学)卒業生で、ラクロス愛好会/ラクロス同好会/体育会ラクロス部に所属した者をもって会員とする。

〔会長〕
第4条
本会の代表は、OB(OG)会長。
会長は「幹事会」の互選により、OB総会にて承認する。
会長の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

〔幹事会〕
第5条
本会の執行及び運営を円滑に実行することを目的とする「幹事会」という組織を、本会の中に設ける。
上記目的達成のために、随時、「幹事会」打合せを開催する。

第6条
「幹事会」の構成は、次の通り。
1)幹事長
2)総務グループリーダー
3)渉外グループリーダー
4)会計グループリーダー
5)会計監査
6)プロジェクトリーダー
7)幹事
※ヘッドコーチは、「幹事会」の活動に対して、任意での参加とする。

第7条
「幹事会」の各役割は、次の通り。
1)幹事長:「幹事会」活動の取り纏め、OB総会の企画。
2)総務グループ:「幹事会」の会合管理、会員名簿の管理、現役チームとの相談窓口。
3)渉外グループ:体育会OB連合会イベント等への出席、顧問とのコミュニケーション。
4)会計グループ:現役チームの強化と支援・現役生との親睦、会員間の交流等の為の会費マネジメント。
5)会計監査:青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会の会計監査。
6)プロジェクト:必要に応じてのプロジェクト。
7)幹事:各グループリーダー・プロジェクトリーダーの補佐。

第8条
「幹事会」メンバーの選任は次の通り。任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
幹事長は、「幹事会」での互選とする。
その他の幹事は、幹事長等からの推薦や自薦とする。
卒業後3年間は各代から一人、「幹事会」に幹事として所属する。任期は設けない。

第9条
「幹事会」組織、幹事長及び幹事は、OB総会にて公示し、承認する。

〔各代代表〕
第10条
各代から、各代代表を一人決め、(幹事会での議論の共有と)各代各員の意見の吸い上げ、取り纏め、リーダーとしての役割を担う。OB総会には積極的に参加する。任期は設けない。

〔OB総会〕
第11条
本会の執行及び運営を円滑に実行することを目的とするOB総会を、毎年会計年度開始直後に「幹事会」幹事長が招集し行う。

第12条
OB総会は、「幹事会」メンバー及び各代代表出席のもと行う。

第13条
OB総会の議長は、OB会長が行う。

第14条
OB総会の議決は、OB会長と「幹事会」メンバーを除くOB総会出席者の2/3以上の賛成にて決定されることとする。

第15条
OB総会の承認を受ける事項は、次の通り。
1)会長、幹事長、幹事の選任
2)会則の改訂  
3)活動実績と計画、会計実績と予算、「幹事会」からの提案事項
4)その他、OB総会で決議すべき事項

〔会費〕
第16条
本会の運営は、会員から徴収した会費のみをもってこれに充てる。

第17条
本会の会費は、1口5,000円として、1口以上、任意の口数とする。

〔会計年度〕
第18条
本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

〔附則〕
本会則は、2017年4月より施行。

□改訂履歴
2018年6月9日
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園