部会・同窓会
このサイトでは、大学経済学部同窓会の活動についてお知らせしています。
大学経済学部同窓会

経済学部同窓会主催 特別記念公開講演会 9月23日同窓祭にて開催のお知らせ(2017.9.1)

2017.09.12 更新

経済学部同窓会主催 第31回特別記念公開講演会 のご案内
(経済学会共催)

日 時:2017年9月23日(祭日:土曜日) 14:00〜15:30

場 所:青山キャンパス内  17号館 17511教室

講 師:浜 矩子(はま のりこ)氏
同志社大学大学院ビジネス研究科教授  エコノミスト


テーマ:(仮題)「トランポノミクスとアベノミクス」

■講演テーマ概要について

当会が2005年5月に公開講演会を開始して以来、今回は第31回目に当たります。今回は同窓祭で特別記念公開講演会として開催することになり、大学教授でありながらエコノミストとして大活躍をされ、超人気の浜矩子氏をお迎えして、現在最も話題となっている米国トランプ大統領の就任公約の特異な経済政策他の問題点と国内における安倍首相の掲げるアベノミクスについて比較検討し、今後の問題点を洗い出していただきます。同時に日本経済の課題と日本経済をどうすべきか、本質を突いたご講演をお願いすることにいたしました。聞き逃せない内容となりますので、皆様ご友人ご家族にもお声掛けいただき、万象繰り合わせてご参集ください。
なお、会場は満席となる見込みですので早めのご着席とご静粛にして頂きますようお願い申し上げます。

■講師略歴
1952年8月3日東京都生まれ。1975年一橋大学卒業、三菱総合研究所入社。1990年4月より98年9月まで同社初代ロンドン駐在員事務所長。帰国後、同社経済調査部長、政策経済研究センター主席研究員を経て2002年10月より現職。
専門領域は国際経済学。
BBC, CNN, NHK、フジテレビ、TBS、テレビ朝日、朝日放送、毎日放送、テレビ東京、JWAVE、ブルムバーグTV、CNBC、アルジェジーラTV等映像・音声メディアの時事ニュース番組にマクロ経済問題に関するコメンティターとして出演。
毎日新聞、中日新聞、東京新聞、京都新聞、携帯イミダス、WEBRONZA、The Japan Times、Open Democracy, The Financial Times, 毎日エコノミスト誌、ビッグイシュー、アエラ等、内外の新聞・雑誌に定期コラム執筆及び寄稿依頼に対応。
金融審議会、国税審査会、産業構造審議会特殊貿易措置小委員会等委員、経済産業省独立行政法人評価委員会委員、内閣府PFI推進委員会委員、Blekinge Institute of Technology Advisory Boardメンバーなどを歴任。


■主な著書:
「ドルは甦るか」(共著、日本評論社、1992年)
「分裂する欧州経済」(日本経済新聞社、1994年)
「最新EU経済入門」(日本評論社、1995年)
”Disintegrating Europe” (Adamantine Press, 1996年)
「ネクタイを締めた海賊たち」(日本経済新聞社、1998年)
2000年〜2002年
「ユーロランドの経済学」(PHP研究所)
「経済は地球をまわる」(筑摩書房)
「奇跡の繁栄はなぜ失われたか‐物語・日本経済50年史」(共著、PHP研究所)
2003年〜2008年
「日本経済再生の条件‐グローバリズムの風圧の中で‐」(共著、筑摩書房)
「超・常識塾」(実業之日本社)
「あらすじで読む日本経済」(共著、PHP研究所)
「福祉国家の金融システム改革」(共著、中央経済社)
2009年
「グローバル恐慌〜金融暴走時代の果てに〜」(岩波新書)
「スラム化する日本経済」(講談社)
「大恐慌 失われる10年」(共著、李白社)
「ザ・シティ 金融大冒険物語〜海賊バンキングとジェントルマン資本主義〜」(毎日新聞社)

2010年〜
「ドル終焉」(ビジネス社)
「ユーロが世界経済を消滅させる日」(フォレスト出版)
「ユニクロ型デフレと国家破綻」(文春新書)
「浜矩子の新しい経済学」(角川SSC新書)
「死に至る地球経済」(岩波ブックレット)
「2011年日本経済 ソブリン恐慌の年になる」(共著、東洋経済新報社)

2011年〜
「1ドル50円時代を生き抜く日本経済」(朝日新聞出版)
「通貨を知れば世界が読める〜1ドル50円時代は何をもたらすのか?〜」(PHPビジネス新書)
「誰が『地球経済』を殺すのか」(実業之日本社)
「2012年資本主義経済 大清算の年になる」(共著、東京経済新報社)
「恐慌の歴史」(宝島社)
「成熟ニッポン、もう経済成長はいらない」(共著、朝日新書)
「ソブリン・リスクの正体」(フォレスト出版)
「EUメルトダウン」(朝日新聞出版)

2012年〜
「財政恐慌」(徳間書書)
「中国経済危うい本質」(集英社新書)
「通貨はこれからどうなるのか」(PHPビジネス新書)
「グローバル大恐慌時代の世界経済を読む」(毎日新聞出版)
「誰も書かなかった世界経済の真実〜地球経済は再び切り刻まれる〜」(アスコ)
「2013年 世界経済総崩れの年になる」(共著、東洋経済新報社)
「新・国富論 グローバル経済の教科書」(文春新書)

2013年〜
「超入門グローバル経済〜地球経済解体新書」(NHK出版)
「これから3年、日本と地球経済で起こること」(実業之日本社)
「アベノミクスの真相」(中経出版、2013年)
「新・通貨戦争」(朝日新書、2013年)、「円安幻想」(PHPビジネス新書)
「老楽国家論〜反アベノミクス的生き方のススメ〜」(新潮社)
「2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る」(共著、東洋経済新報社)

2014年〜
「地球経済のまわり方」(ちくまプリマ‐新書)
「円ドル同時終焉の跫音〜日米無理心中物語〜」(ビジネス社)

2015年〜
「もうエコノミストに騙されないために〜紫炎のMBA講義録〜」(毎日新聞社)
「国民なき経済成長〜脱・アホノミクスのすすめ〜」(角川書店)
「2016年 日本経済複合危機。来襲の年になる!」(共著、東洋経済新報社)
「さらばアホノミクス〜危機の真相〜」(毎日新聞出版)
「民主主義をあきらめない」(共著、岩波ブックレット)

2016年〜
みんなで行こう アホノミクスの向こう側〜平和の経済学を目指して〜」(かもがわ出版)
「アホノミクスの完全崩壊に備えよ」(角川書店)
「希望への陰謀: 時代の毒をどう抜き取るか(共著、現代書館)
「ど・アホノミクスへの最後の通告」(毎日新聞社)
「浜矩子の歴史に学ぶ経済集中講義」(集英社)
「ど・アホノミクスの正体」(講談社α新書)

2017年〜
「どアホノミクスとトラパンノミクス〜どっちも「アホ」たる30の理由〜」(毎日新聞出版社)



入場無料 どなたでもご参加になれます。

◆ この公開講演会は、青山学院大学経済学部同窓会アクティブ会員の年間維持会費により運営されております。



今回講演会チラシ ご友人他へ印刷してお配りください。

PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園